HOME >  地域医療連携 > 診療科・各部署紹介  > MEセンター

地域医療連携

診療科・各部署紹介

MEセンターよりお知らせ

    現在お知らせはありません

業務内容

MEとはMedical Engineering(医用工学)を意味し、ME機器とは患者さんの診断や治療、監視などに使用される医療機器を指します。
MEセンターでは、院内ME機器の適正使用と安全性向上を目的に、病棟、外来、人工透析室などで使用される人工呼吸器、血液浄化装置、輸液・シリンジポンプ、など様々なME機器の操作および保守点検業務を行ってい ます。
MEセンターで働く臨床工学技士は医師の指示の下に、進歩の早いME機器を使用する医療に貢献しています。
また、ME機器をいつでも最良の状態で患者さんに使用できるよう、機器を中央管理および分散管理し保守点検を行っています。

中央管理

人工呼吸器、輸液・シリンジポンプなどは、臨床工学技士により保守点検が済んだ状態でMEセンター内に 貸出用として保管されており、必要時にいつでも使用できるようになっています。 返却されたME機器はその都度に保守点検を行い、再び貸し出せる状態にしています。

分散管理

人移動することが困難などの理由で、院内各部署に常時配置されたものは、MEセンターから臨床工学技士 が出向くことなどにより保守点検を行っています。

医療機器管理業務

院内の医療機器のうち、中央管理している各部門・病棟が使用する人工呼吸器、輸液・シリンジポンプなど の貸出・返却、保守点検や、分散管理している除細動器、AED、麻酔器などの保守点検も行っています。

人工呼吸業務

人工呼吸器の保守点検、回路のセットアップと交換、トラブル対処などを行っています。 人工呼吸器は生命維持管理装置のため、定期的な点検、オーバーホールを実施しています。

血液浄化業務

人工透析室での血液透析以外にもICUでの出張血液透析、持続的血液透析濾過、血漿交換などの機器準備、 回路組立、操作などを医師の指示の下に行っています。 また血液浄化装置の保守点検を行っています。

人工心肺・補助循環業務

心臓手術時に用いる人工心肺や、補助循環装置であるPCPSの準備、回路組立、操作などを医師の指示の下に行っています。 また、人工心肺装置、補助循環装置の保守点検を行っています。

カテーテル室業務

CAGやPCIといったカテーテル治療や検査の補助業務を行っています。また、ロータブレータ、IVUS、体外式ペースメーカなどのME機器の操作を行っています。

研修の育成体制

日本文理大学医療専門学校臨床工学科の実習生を受け入れており、業務の実際を見学することにより、充実した実習になるよう努めています。

診療情報

現在資料はありません。

スタッフ紹介

心臓血管外科部長を室長に臨床工学技師8名(うち常勤4名、臨時4名)で院内の医療機器管理を行っています。