HOME >  地域医療連携 > 診療科・各部署紹介  > 医療安全管理室

地域医療連携

診療科・各部署紹介

医療安全管理室よりお知らせ

医療安全管理部とは

平成17年4月に医療の質と安全管理を推進する目的で医療安全管理室が設置されました。
患者さんやご家族、病院職員の安全確保、医療事故防止など病院全体の安全管理に取り組んでいます。
平成18年には褥瘡管理、平成23年から感染管理も担当し活動してきました。
平成25年、組織改正により医療安全管理部門の体制が強化され、医療安全管理室、感染管理室、褥瘡対策室が設置されました。
それぞれが独立して活動しています。

医療安全管理部:医療安全管理室

医療安全管理室は、医療安全管理体制の確立を目標に、組織横断的に院内の安全管理を行っています。
医療安全管理室長(副院長)を含む医療安全管理委員は、院内各職種の21名で構成され、多角的な視野で、病院全般に関わる医療安全対策の立案、実行、評価を行い、安全管理のための多岐にわたる活動を行っています。

主な活動内容
  • (1)報告のあったインシデントを分析し、結果を各医療現場へフィードバック
  • (2)インシデントの改善策及び再発防止策の企画・立案
    • ①週1回のカンファレンスを開催し、改善策・再発防止策について検討しています。
    • ②医療安全管理委員会を月1回開催し、マニュアル、システム変更の検討を行っています。
  • (3)医療安全管理に関するマニュアルの作成及び見直し
  • (4)医療安全に関する教育・研修等の実施
    • ①安全に対する意識の向上を目的とし、全職員を対象とした研修を年2回実施しています。
    • ②新採用者、研修医を対象とした医療安全に関するオリエンテーションや実技研修を実施しています。
  • (5)医療事故防止等に係る情報提供
    • ①医療安全ニュースレターを定期的に発行
      • 職場の安全管理の取組み状況や院内向けに注意喚起すべき事例等を掲載した広報誌を発行しています。
    • ②公益財団法人日本医療機能評価機構「ヒヤリ・ハット事例収集・分析・提供事業」への協力
      • 同機構へヒヤリ・ハット事例発生件数情報の報告をし、月1回配信される医療安全情報を院内で共有しています。
  • (6)死因調査部会
    • 死因の特定が困難あるいは医療過誤の有無に関わらず診療関連死の疑いがある死亡例が発生した場合開催します。
  • (7)MST(Medical Support Team)
    • 通常の診療での対応が困難な状態が発生した場合に、医療支援チーム(Medical Support Team)の出動要請があれば、病態に応じた適当な構成員によるチームを構成・派遣します。主治医とカンファレンスを行い、アドバイスを行います。

部署情報

医療安全管理指針(H29.8改正)