地域医療連携

診療科・各部署紹介

薬剤部よりお知らせ

    現在お知らせはありません

業務内容

調剤業務

内服薬・外用薬・注射薬の調剤を行います。
調剤は薬剤師の基本として最も重要な業務です。
処方せんを受けてから、処方の内容を確認し必要に応じて医師に疑義照会します。
その後、調剤内規に基づいて調剤し、最終監査として、さらに処方の内容、調剤した内容をチェックしたうえで、患者さんにお渡ししています。
その際、電子カルテ・各種システムを利用して安全で迅速な調剤を行っています。

麻薬・向精神薬管理

麻薬取締法に従い保管・管理しています。
病院には麻薬を専任管理する「麻薬管理者」が必要で、都道府県知事が発行する免許を取得しなければなりません。
また向精神薬の適正使用のために、向精神薬取締法に則り、保管・管理に努めています。

医薬品管理業務

薬剤部では治療に必要な様々な薬剤を扱っています。
それらの薬剤を常に最良の状態で提供できるように、温度や湿度、有効期限等をチェックし、在庫の管理を行っています。
薬剤部内だけでなく、外来・ICU・手術室・病棟にも必要な薬剤を定数配置しているため、それらの管理も行っています。

製剤業務

期限の短い吸入薬、特殊な外用薬、市販されていない注射薬・坐薬など、製造販売されていない医薬品を、安全性・有効性を審査した上で調製しています。

無菌調製業務

当院には安全キャビネット1台、クリーンベンチ1台があります。
安全キャビネットにて抗がん剤の無菌調製、クリーンベンチにて院内製剤を主に調製しています。
抗がん剤の調製に関してはレジメンのチェックを厳格におこない、365日体制100%薬剤部で調製を行い、より安全な医療を提供しています。

外来化学療法室

担当薬剤師が医師・看護師と連携をとりながら、治療レジメンの説明・副作用のモニタリング・服薬指導・疼痛評価・処方の提案などを行っています。
また、レジメン・支持療法の処方設計に積極的に参加しています。

医薬品情報管理業務

厚生労働省や薬品メーカーからの薬剤に関する最新の情報を収集し、必要に応じて医師や看護師、患者さんへ情報を提供することが主な仕事です。
また緊急性を要する情報に関しては、迅速かつ正確に医師や看護師等に情報を提供しています。
薬事委員会という院内諮問機関によって院内外採用薬を審議されています。
その際の薬の情報提供を行っています。
また当院では電子カルテシステムを利用しており、このシステムを円滑に稼働させるため薬品のマスター更新・薬剤の添付文章更新も行っています。

薬剤管理指導業務

医師からの依頼を受け、入院患者さんを対象に服薬指導を行っています。 患者さんが服用しているお薬の説明書を作成し、お薬の作用・飲み方・使い方などを説明しています。
患者さんのアレルギーや副作用等の確認をし、医師の治療方針に基づいた、より適切な治療を患者さんが受けられるように努力しています。

救急医療

二次および三次救急医療施設である救命救急センターのある当院では、薬剤師が常駐し、調剤をはじめ、医薬品の管理・供給および迅速な情報提供を24時間対応で行うことで、診療チームの一員として救急医療に参加しています。
夜間帯でお薬の事でお困りの際は当院薬剤師までご相談下さい。

治験管理業務

治験(ちけん)とは、医薬品もしくは医療機器の製造販売に関して、薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験のことです。
薬剤師・看護師・治験コーディネーター・治験担当医師を中心に、治験の倫理性、科学性及び信頼性を確保し、治験に参加される患者さんをしっかりサポートする体制を整えています。

研修・育成体制

チーム医療とは一人一人の患者さんに対し、多職種の医療スタッフがチームを組み、お互いの専門性を尊重し、最大限の能力を引き出し合うことによって最善の治療をおこなう医療現場の取り組みです。
当院の薬剤師は医療チームの一員として、専門性を発揮し、より適正な薬物療法を行えるよう活動しています。

薬学生6年制実務実習指導; 薬学生の11週にわたる実務実習を受け入れ、「実務実習モデル・コアカリキュラム」に従った実習計画を立て、参加型の実務実習を行っています。
薬薬連携・その他地域薬局との薬薬連携などに積極的に取り組んでいます。
また定期的に症例検討会を行い情報の共有を行っています。

センター情報

現在資料はありません。

スタッフ紹介

薬剤師 23名 (常勤16名、非常勤7名) (平成29年4月1日現在)