地域医療連携

診療科・各部署紹介

栄養管理部よりお知らせ

    現在お知らせはありません

業務内容

病院食
入院患者さんに対する栄養管理

1食当たり平均331食 1日993食(平成28年度平均)を患者さんにお出ししています。
一般食 264食/1回当たり(79.8%)
治療食  67食/1回当たり(20.2%)
※糖尿病、腎臓病など主治医が治療上、栄養管理の必要があると指示を出した食事

適時適温給食

食事は、朝が8時、昼が12時、夕が18時と家庭での食事時間に近くなるよう配膳しています。
また、保温・保冷配膳車を使用し、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たいままで、食堂またはベットサイドまで運べるようにしています。

選択メニュー

単調になりがちな病院食に変化をもたせるため、平成17年度より常食の方を対象に選択メニューを導入しています。
祝日を除く木曜日と金曜日の2日間実施しています。

【選択メニュー例】

個人対応食

患者さんの個々の病状に応じた食事を提供するため、献立、調理を工夫しています。

行事食

お正月や七夕など季節の行事にあわせた献立をメッセージカードに添えてお出ししています。

【行事食例-1】

【行事食例-2】

病棟訪問

管理栄養士と調理師が各病棟を訪問し、患者さんの食事に対するご意見をいただきながら、献立や調理に取り入れていくよう努めています。

NST(栄養サポートチーム)

栄養障害のある患者さんや栄養管理をしなければ栄養障害の状態になることが見込まれる患者さんに対し、生活の質の向上、原疾患の治癒促進及び感染症等の合併症予防等を目的として栄養管理に関する専門的な研修を受けた多職種からなるチームが活動しています。

メンバー:医師、歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、歯科衛生士、理学療法士、医事課職員
実施日 :毎週水曜日午後3時から回診、カンファレンスを実施
勉強会 :月2回水曜日の午後5時30分より開催
委員会 :月1回木曜日の午後4時より開催

*その他、褥そう対策チームや緩和ケアチーム、認知症ケアチームなどチーム医療の一員として管理栄養士は参加しています。

栄養食事指導

入院及び外来患者さんの栄養状態と各栄養素の関係を説明し、病状に応じた食事内容を理解していただきます。
個別指導は祝日を除く月曜日~金曜日に予約制で行っています。
糖尿病の集団指導は5階東病棟に入院されている患者さんに祝日を除く毎週水曜日午後2時からおこなっています。
母親(妊婦)学級では栄養に関する話を定例日に午後1時30分から年間毎月開催しています(8月を除く)。

豊友会支援

糖尿病患者会「豊友会」の活動をお手伝いしています。(春のお花見、総会、講演会、試食会など)

研修の育成体制

資料整理中

診療情報

現在資料はありません。

スタッフ紹介

病院職員
 部長(管理栄養士)        1名
 その他管理栄養士(臨時職員を含む)5名
 調理師              2名
 非常勤職員            1名

委託職員
 管理栄養士・栄養士・調理師・調理員・その他  約40名