地域医療連携

診療科・各部署紹介

総務経営課よりお知らせ

    現在お知らせはありません

総務班では、県議会や予算に関する事務の他、治験や臨床研究の事務局、病院の広報、文書の収受・発送、職員の給与や福利厚生等の庶務業務等の病院運営の後方支援を行っています。

 

人事班では、病院職員の採用から研修・健康管理・労務管理等を行っています。
また、教育研修センターに関する事務や臨床研修医の募集、採用も行っています。
職員が働きやすい職場環境となるよう様々な活動に取り組んでいます。

 

企画班では、病院全体の戦略的な情報管理・分析を行い、それに基づいた健全経営及び運営支援を行うとともに、中期事業計画の立案とその実行支援、企画調整の事務を行っています。

業務事例
[2011年~] 病院経営資料(管理会議/定例部長会議)のグラフ化と分析

紙カルテから電子カルテへ変更した際、病院経営資料の全面的な見直しとデータ抽出業務を担っています。
原則グラフ化し、視覚的にわかりやすく、経時的/機能的に分析できるようになりました。
毎年見直しを行ない、変更や追加も行っています。

[2013年~] 病院幹部層のヒアリング業務を担当

毎年、病院内の全部署を対象に、病院幹部層によるヒアリングを実施しています。
ヒアリング時に使用する各部署の活動状況に関する分析や取りまとめを行っています。

[2013年~] WEBサイトの構築(更新)と日常管理

病院の経営に関して、より広報活動(WEBサイト、紙媒体、デジタルサイネージ等)が重要な役割となる時代になりました。
当院の活動をより効果的に患者さんや医療関係者へ広報する為に、WEBサイトの構築(更新)と日常管理を行っています。

[2014年] デジタルサイネージの導入と日常管理

主に当院へ来院する患者さんや付添の方を対象に、当院からの情報発信やお知らせを行うため、病院の出入り口にデジタルサイネージを設置しました。
デジタルサイネージ製品は、WEBで管理可能であり、病院職員でも柔軟な画面構成/作成が可能な製品を導入しています。

[2015年~] 県立の精神科病院に関する設置業務

大分県の長年の懸案事項であった精神科病院の基本構想がまとまり、県立病院へ併設されることになりました。
設立に関する様々な準備業務を行っています。

[2017年] 人工音声放送システムの導入

災害や非常事態において、院内へ適切な放送アナウンスを実施する為、人工音声による放送システムを導入しました。
パソコンへ入力した文章や、録音したデータを全館放送することができるようになりました。

部署情報

現在資料はありません。