HOME >  受診案内 > 各種ご相談について > 新生児・小児在宅支援に関するご相談

受診案内

各種ご相談について

新生児・小児在宅支援に関するご相談

 

退院に向けて「どんな風に暮らしていきたいか」「どんな工夫があればそれができるのか」を、お子様・ご家族と一緒に話し合います。
話し合いを通して、入院生活からご自宅等での生活へスムーズに移行できるよう、スタッフ一丸となってお手伝いします。
困りごとや不安な気持ちを伺いながら、具体的な対処方法を一緒に考えていきます。

たとえば
・わからないことがわからない、何でもいいから情報がほしい
・生活イメージがつかない
・お世話の方法はこれでいいの?もっといい方法はないの?
・同じような状況の方はどんな風に生活しているの?
・医療機器を持って帰るなんて不安。家の準備はどうしたらいいの?
・入所できる施設はあるの?
・家族だけでやっていけるか自信がない
など

必要に応じて、事前にご自宅を訪問したり、身体障害者手帳や生活に必要な車いす等の作成・準備も行います。
また、当院スタッフだけでなく、地域の保健師、訪問看護師、在宅医、福祉・教育関係者とも協力して支援します。

 

退院後も自宅療養生活をお手伝いします

お子様は日々成長発達します。その成長発達や状態変化に応じて、よりよい支援が提供できるようお手伝いします。
自宅療養中のお子様の困りごと・気がかりなことについてご相談をお受けし、必要に応じて支援の見直しを行います。

たとえば
・お世話のしかた、今のやり方でいい?
・そろそろ子どもに医療的ケア(吸引、自己導尿など)の方法を覚えさせたい
・気管切開をしているけれど、保育園や学校に行くためにどうしたらいい?
・実際に生活し始めたけどやっぱり大変
・何か使えるサービスを知りたい(経済面、預かり先など)
など

 

お問い合せ先

場  所:大分県立病院 診療支援センター/地域医療連携班

担  当:新生児・小児在宅支援コーディネーター 
受付時間:午前8時30分~午後5時00分(月~金曜日)
受付方法:まずはお電話でお問い合せください。
TEL:097-546-7129 FAX:097-546-7368
ご相談内容についての秘密は守ります。どうぞお気軽にご利用ください。