HOME >  受診案内 > 各種ご相談について > 医療費・福祉に関するご相談

受診案内

各種ご相談について

医療費・福祉に関するご相談

医療費に関して、次のような制度に該当するときは、自己負担額を軽減できます。

適用条件・手続き等については1階診療支援センター「患者相談支援班」にご相談ください。

(相談室)では、社会福祉士の資格を持った相談員を配置し、相談を受け付けています。
 患者さんやご家族が抱える問題や医療・福祉制度の課題などについて解決のためにお手伝いします。

診療費のお支払について
社会保険・医療制度について
高額療養費制度

特定疾患医療費援助制度(難病対策)
肝炎治療に対する医療費助成制度
身体障害者医療
小児慢性特定疾患研究事業
自立支援医療費制度(旧更生医療、旧育成医療、旧精神通院医療)
未熟児養育医療
その他

お問い合せ先

場  所:大分県立病院 診療支援センター/患者相談支援班 

受付時間:午前8時30分~午後5時00分(月~金曜日)
受付方法:直接お越しいただくかお電話でご確認下さい。
T E L:097-546-7062,7125

 

診療費等の未納者に対する法的措置について(お知らせ)

医療機関の未収金は、近年の自己負担額の増加や個人収入の格差拡大などにより全国的に増加しており、平成19年6月には厚生労働省が、法律家、医師会、市長会、健保連などを構成メンバーとする「医療機関の未収金問題に関する 検討会」 を立ち上げ、対策を検討しています。
大分県立病院でも、医療費の未収金の発生防止や回収対策の強化に取り組んでいます。

(1)発生防止策について
患者様に健康保険等限度額適用認定証(平成19年4月より交付開始)の 取得を勧め、高額療養費に該当する場合の病院窓口での支払額の軽減や還付手続きの簡素化などを進め、お支払いがしやすい環境を整備しています。

(2)回収強化対策について
未納者に対する電話、文書、訪問などによる催告、内容・配達証明による支払督促などを行っています。
お支払いがない場合は、簡易裁判所へ支払督促や少額訴訟の申立などの法的措置を定期的及び必要に応じて実施しています。