HOME >  受診案内 > 入院 > 入院のご案内

受診案内

入院のご案内

入院患者さんへのお願い

当院は、県民医療の基幹病院として県民の医療ニーズに適切に対応するため、「がん」、「循環器(心臓・血管)」、「周産期」等に対する高度で特殊な専門医療を中心に取り組むとともに、救急医療の充実に努めており、急性期(病状が安定していても計画的な手術や薬物療法が必要な時期、発症後間もない症状の不安定な時期)の患者さんに対して、専門スタッフが短期集中的に診療する方針を推進しています。

患者さんには、具体的に次のような取り組みについてご理解いただきますようお願い申し上げます。

詳細な治療計画を作成の上、可能な範囲で短い入院期間での診療を目指し、症状が安定しましたら転院やご自宅にお帰りいただけるように努めています。

患者さんによっては、退院の際、当院での治療経過等を記入した診療情報を添えて、地域のかかりつけの医療機関等へご紹介をさせていただくこともございます。

この場合でも、病状急変時には、当院へ再入院していただくことも配慮致しておりますのでご安心下さい。

入院の手続き

1.外来診療科で入院申込兼誓約書をお渡しいたします

入院される方は、診療を受けた外来診療科で入院申込兼誓約書をお受け取りください(入院の時までに漏れなく記入しておいてください)。
万一病室が満床のときには、予約していただき、おって入院日をご連絡します。
なお、連帯保証人欄は必ず保証人ご本人が自筆で記入のうえ捺印してください。
連帯保証人がいない場合には、ご相談ください。

 
2.入院当日

入院される日に次の書類を1階医事・相談課入院受付へ提出してください。
(土・日・祝日は1階防災センターへ)

入院の際、お持ちになるもの

①入院申込書兼誓約書

3カ所に必ず捺印をしてきてください。印鑑もお持ちください。

②保険証(被保険者証カード)
    ※高齢受給者証
※後期高齢者医療被保険者証
※限度額適用・標準負担額減額認定証
※こども医療費受給資格証
 
③※公費医療券等
 
④※介護保険被保険者証
⑤入院にあたっての申告書
⑥「入院患者さんご自身とご家族等の付き添いの方へ診療上のご希望についてお尋ねします。」の書類
⑦服用中のお薬

飲んでいる薬があれば、担当の医師又は看護師にお申し出ください。
(お薬手帳をお持ちの方は、参考にしますので、一緒にお持ちください)

 

※印は該当の方に限ります。

特別室(個室)をご希望の方は、外来の看護師または病棟の看護師長にお申し出ください。
小児病棟は、病状による個室利用を優先していますので、希望に応じられないことがあります。

3.入院時にお持ちいただくもの

洗顔・洗髪用具

洗面器・タオル・歯磨用品・ブラシ・ひげそり・シャンプー・石けんなど

食事用品

はし・スプーン・湯のみ・コップ・水筒・楊枝など

その他

室内履き・下着・ティッシュペーパー・テレビ用イヤホーンなど

※ 病院内のコンビニでもお求めになれます。
※ 手術を受けられる方は、必要物品が別途あります。詳しくは看護師にお尋ねください。

寝具・寝衣は病院で用意いたします(寝衣は有料)。

寝衣は各自持込みもできます。

ラジオ・扇風機・電気毛布・パソコン等の持込みは病院(主治医)の許可が必要です。

テレビは各ベッドに備え付けています(有料)。

貴重品・多額の現金はお持ちにならないでください。

ATM(現金自動預け払い機)は、1階にあります。