受診案内

診療科のご紹介

週間スケジュール

新患日は月・水・金になっています。紹介患者様はなるべく新患日に紹介願います。
急患、お急ぎの患者様に関してはこの限りではありません。随時対応しています。
  看護師 医事課計算
新患 井上
後藤
小山
休診 井上
嶺 
大川
田中
休診 井上
中村
城戸
宮成
赤嶺
河野
西野
藤野
再来 井上
中村
豊福
城戸
井上
中村
小山
後藤
大川
井上

田中
手術日 - -    
備考欄:印の医師は交代制

基本方針

子宮、卵巣を中心とした女性特有の臓器に対する疾患を良性、悪性を問わず診療、治療を行っております。
原則として、科学的根拠(ガイドラインなど)に基づいた診療を行っています。患者様ごとの病状、社会的背景などを十分に考慮して治療方針を決定し、患者様により最適な医療を提供できるよう心がけています。
チーム医療を原則として院内で統一した治療方針が一貫され、診療が行われるように努力しています。
常に医療の進歩に応じて、高度で先進的な医療が受けられるように配慮しています。

診療分野

子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌を中心とした婦人科悪性疾患
良性卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症などの良性疾患
子宮脱、膀胱瘤、直腸癌といった骨盤性器脱
子宮頸部異形成などの前がん病変

*進行子宮頸がんに対する根治的放射線治療に対応困難なため、進行した子宮頸がんの治療と不妊治療は行っておりません。
*子宮外妊娠、卵巣のう腫茎捻転などの救急疾患にも随時対応しておりますが、スタッフの異動に伴い、現在は腹腔鏡の緊急手術は対応困難です。

診療内容

悪性疾患・良性疾患を中心に婦人科疾患全般の診療を行っています。特に悪性疾患に関しては多くの症例を取り扱わせていただいており、症例数は県内でもトップクラスです。
婦人科悪性疾患に関しては科学的根拠に基づいた医療を基本として、手術療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を併用した集学的治療を行っています。

子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術

子宮頸がんに対する広汎子宮全摘出術では術後に排尿トラブルが起こることが多くみられますが、術後早期から排尿ケアチームが介入して対応しております。婦人科悪性疾患に対する各種根治手術を行っています。
広汎子宮全摘手術後の排尿トラブル軽減のため、排尿神経温存術式も行っています。

子宮体筋、卵巣癌に対する根治手術

骨盤リンパ節廓清術を行うことが多く、術後の下肢リンパ浮腫などのトラブル軽減のため手術方法の工夫と術後のリンパ浮腫指導、専門看護師によるケアを行っています。

子宮体癌、卵巣癌に対する妊孕性温存治療

初期の子宮体癌で妊孕性温存を希望される患者様に対する高容量黄体ホルモン療法や、初期卵巣癌に対する妊平性温存手術にも対応しています。患者様の病状を慎重に検討したうえで治療適応を決定しております。

子宮頸部異形成に対するレーザー蒸散術

子宮頸部異形成などの前がん病変に対しては出血量が少なく低侵襲である下平式円錐切除術を行っています。また、治療後の妊娠、分娩に対する影響が少ない子宮頸部レーザー蒸散術も行っています。

良性疾患に関しては腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は入院期間も短く低侵襲な手術です。良性卵巣腫瘍、子宮外妊娠を中心に行っており、患者様ごとの病状を考慮して腹腔鏡手術、開腹手術のいずれが適切か判断しています。

性器脱(子宮脱)に対する治療

一般的な膣式手術を中心に行っていますが、当院泌尿器科に協力のうえメッシュを用いた手術 (TVM)にも対応可能です。

診療体制

チーム医療を原則として院内で統一した治療方針が一貫され、診療が行われるように努力しています。

診療実績

婦人科年報2016

担当医紹介

部長
井上 貴史

日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 専門医・暫定指導医
日本臨床細胞学会 専門医

部長(第二産科)
豊福 一輝

日本産科婦人科学会 専門医
日本周産期・新生児医学会会員

部長(がんセンター婦人科)
中村 聡

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本専門医機構 産婦人科専門医
日本癌治療学会会員
日本臨床細胞学会 細胞診専門医

副部長
嶺 真一郎

日本産科婦人科学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本周産期新生児学会会員
日本婦人科腫瘍学会会員

副部長(第一産科)
軸丸 三枝子

日本産科婦人科学会 専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医

副部長(第二産科)
後藤 清美

日本産科婦人科学会 専門医
日本周産期・新生児医学会会員

後期研修医
城戸 綾子