HOME >  受診案内 > 専門外来の紹介 > 緩和ケア外来

受診案内

専門外来の紹介

緩和ケア外来

 

緩和ケアとは?

緩和ケアとは、患者さんやご家族に対する、痛みやその他の症状コントロール、心理面や社会面の苦痛の緩和を含み、がん終末期の方だけでなく、がんと診断されたときからがんの治療と並行して提供できるケアのことをいいます。つまり、緩和ケアとは患者さんとご家族の困っている症状をやわらげ、体のことだけでなく、こころのつらさや生活上のつらさもやわらげるよう支援することです。
当院では、入院・外来にかかわらず継続的な緩和ケアの提供を目指しています。
そのため、全てのがん患者さんとご家族を対象に、さまざまな症状の緩和、生活援助を目的として緩和ケア外来を行っています。

 

緩和ケア外来受診について

診療内容
  • ・痛み・吐き気・呼吸困難感などの症状や治療のコントロール
  • ・精神的な苦痛を伴うがん患者さんとご家族への支援
  • ・病棟での緩和ケアチーム介入からの継続診療(患者さんがご希望の場合)
  • ・ホスピスや緩和ケアに関する相談
  • ・緩和ケアについてのセカンドオピニオン など

 

対象患者

緩和ケアを求める入院中または外来受診中のがん患者さんおよびそのご家族。
はじめて当院をご利用の方が緩和ケアをご希望の場合、診療科を決める必要があります。総合案内等でご相談ください。

 

外来受診の方法
  • 1.主治医か、ふだん診察を受けている診療科の外来看護師にご相談ください。
  • 2.患者さんのご希望に応じて主治医が緩和ケア外来の予約を行いますので、予約日にふだんの診療科に行ってください。
  • 3.その後は、主治医や外来看護師のご案内に従ってください。

 

診療日

毎週月曜日 15:00~17:00 (1人1時間、1日2名まで)

* 緩和ケア外来は、完全予約制です。
* ふだん受診している診療科の主治医と話し合った後の受診となります。

 

問い合わせ先

大分県立病院
〒870-8511 大分県大分市大字豊饒476
電話 097-546-7111
受診をご希望の方は → 総合案内(内線2152)
内容について詳しく知りたい方は → 緩和ケア室(内線7353)