HOME >  病院のご紹介 > 各センターのご紹介  > 総合周産期母子医療センター

病院のご紹介

各センターのご紹介

総合周産期母子医療センターよりお知らせ

はじめに

産科と新生児科の機能を集中し、主にリスクのある妊娠・出産とリスクのある新生児の管理を専門に行い、周産期における突発的な緊急事態に対応できるよう、24時間体制で、医療を行う施設です。

大分県の最重要課題の一つである少子化対策の一環として、安心して子供を生み育てるための環境づくりを推進するため、妊娠・出産から新生児に至る高度専門的な医療を提供することを目的として整備されました。

「周産期」とは

妊娠22週目から生後7日未満の時期をさし、この時期は母体や胎児・新生児にとって最も大切な時期です。

「ハイリスク妊娠」とは

母体及び児にとって、出産前後に生命に関わる事態が発生する可能性が通常以上に大きい妊娠をいいます。

総合周産期母子医療センターの役割

産科・新生児科双方からの一貫した総合医療

従来は、分娩までは産科、出生後は新生児科が別々に管理してきましたが、このセンターでは、胎児期から新生児期にかけての一貫した総合医療を行います。

大分県内初のMFICUを完備

新生児集中治療管理室(NICU)と、県内初となる母体・胎児集中治療管理室(MFICU)を完備し、突発的な緊急事態に対応します。

施設概要

1階(外来部門) 小児科、小児外科、新生児科、産科
2階(産科病棟) MFICU6床、後方病室19床、分娩室、手術室
3階(新生児科病棟) NICU9床、後方病室24床
4階 (機械室)  

 

診療科案内

産科

妊娠、出産などの診療

新生児科

先天異常や未熟児などの新生児の診療

小児科

小児(15歳まで)の内科的疾患の診療

小児外科

小児(15歳まで)の外科的疾患の診療

※婦人科診療、及び小児科・小児外科病棟は従来通り本館です。