HOME >  病院のご紹介 > 各センターのご紹介  > 救命救急センター

病院のご紹介

各センターのご紹介

救命救急センターよりお知らせ

    現在お知らせはありません

はじめに

大分県立病院では、平成14年(2002年)1月から第2次救急医療を開始し、24時間体制で県民の救急医療に貢献しています。
また平成17年(2005年)4月から小児救急医療拠点病院に指定され、県内小児医療の中核的役割を担っています。
さらに平成20年(2008年)11月から、院内に「救命救急センター」を開設しました。
重症患者に、より高度な医療を行う「第三次救急医療施設」として県内3カ所目です。
重度のけがや急性心筋梗塞(こうそく)、脳血管障害など生命の危機に直面した患者を24時間体制で受け入れています。
救命救急センターの開設により、県内の救急医療環境がさらに整うことで、県民の安心につながればと考えています。

救命救急センターの役割

  • 救急医療を担当します。慢性病態を扱う一般医療とは異なり、24時間365日の診療体制にて急病、事故などによる救急患者に対応します。
  • 県内全域の緊急度・重症度の高い重症患者、また、特殊診療が必要な患者の救急搬入患者を優先して受け入れます。
  • 診療所、医院、一次・二次救急医療機関などからの紹介転送患者を受け入れます。
  • ヘリコプターを活用した救急患者搬送や事故・災害現場への医療チームを派遣します。

ドクターカー

ヘリコプター

救急患者の分類

救急患者の重症度は、下記のように3段階に分かれており、この分類は国の救急医療の政策でも使用されています。

1.初期(一次)救急患者 歩いて医療機関を受診する事ができ、基本的には入院の必要がない患者。
2.二次救急患者 救急搬送(救急車)、または自力で病院を受診しますが、基本的には入院が必要な患者。緊急手術が必要な場合もあります。
3.三次救急患者 基本的には救急搬送されるか、または一次、二次救急病院からの救急搬送(転院)される患者。重症であり、集中治療や緊急手術が必要です。

診療体制

医師当直体制(時間外、休日には6名の当直医が勤務しております。 )
一 般 内科系 1名
外科系 1名
産 科 1名
小児科 1名
集中治療室(ICU) 1名
新生児集中治療室(NICU) 1名
看護師 救急救命センター専任 40名

施設概要・設備

救命救急センターは、初療室と病棟からなります。

  • ①救命救急センター(1F)初療室、救急室
  • 初療室

    フロアマップ(1F)

  • ②救命救急センター病棟(4F)ICU(CCU)・・・4床、HCU…8床
  • ICU

    外景

    救命ICU

    高度治療室(HCU)

    PCPS/CHDF/IABP

    人工呼吸器/DC/monitor

    フロアマップ

救急患者受入件数(平成27年度)

時間内 8:30-17:00 905人
平日時間外 17:00-22:00、6:00-8:30 2,354人
土曜日 6:00-22:00
日祝休 6:00-22:00 2,144人
深夜 22:00-6:00 1,444人
合計   6,847人

担当医紹介

所長  山本 明彦

救急科専門医
外科専門医
AHA-ACLSインストラクター
AHA-BLSインストラクター
AHA-PALSインストラクター

副部長
河口 政慎

小児科専門医
救急科専門医
AHA-ACLSプロバイダー
AHA-PALSプロバイダー

副部長
寺師 貴啓

医学博士
日本外科学会認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会専門医、指導医
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本肝胆膵外科学会評議員
死体解剖資格認定
臨床研修指導医

副部長
塩穴 恵理子

主任医師
二日市 琢良

 

医師
清水 裕介