1. HOME>
  2. 看護部ご案内>
  3. 理念と目標・体制
 

理念と目標・体制

 

看護部の理念

大分県立病院看護部は地域における基幹病院としての役割を自覚し、その時代の要請に応じた看護を提供します。

 

1.我々は専門職業人としての誇りを持ち、常に患者の権利を尊重した質の高い看護を提供します。

2.知識・技術の向上と人間関係づくりに努力し、他部門との信頼関係をもって協働します。

3.県民の期待に応えられる高度特殊技術、救急医療の役割を担えるよう研鑽します。

4.教育レベルの質向上を図り、教育関連病院としての指導性を高めます。

 
 

看護部の目標

大分県立病院看護部は以下の目標に向けて各委員会、セクションで取組んでいます。

 

1.患者の期待に応えられる実質ケアを優先しよう

2.自主的に学び、自己の役割に責任を持とう

3.時間を大切にし、効率的な業務をしよう

4.セクション内の教育機能を高めよう

5.看護研究活動を推進しよう

 

看護の体制

  • 入院から退院まで1対1の関係を大切にし、患者に寄り添った看護を実践しています。
  • アセスメント⇒看護計画⇒実践⇒評価(看護過程の展開)を朝・昼のカンファレンス等において皆で検討し、患者さんの持てる力を引き出す看護を実践しています。
 

看護部組織図

平成29年9月現在