受診案内

診療科のご紹介

皮膚科よりお知らせ

    現在お知らせはありません

週間スケジュール

  看護師 医事課計算
新患 島田
酒井
齋藤
休診 島田
酒井
齋藤
休診 島田
酒井
齋藤
友成
荒井
亘鍋
再来 島田
酒井
齋藤
休診 島田
酒井
齋藤
休診 島田
酒井
齋藤
手術日 - - -    
備考欄
◆紹介患者様優先とさせていただいています。
紹介状をお持ちでない方は待ち時間が非常に長くなる場合があります。
先ずはお近くの皮膚科を受診されることをお奨めいたします。

診療分野

膠原病や各種合併症をお持ちで、皮膚科単科では対応しにくい場合でも対応できるように他科と連携のうえ外来診療を行うとともに、帯状疱疹などの急性皮膚疾患、乾癬などの慢性難治性皮膚疾患に加え、皮膚悪性腫瘍などの手術や入院を必要とする皮膚疾患にまで対応できるようにしています。
一般外来診療は、8:30から開始し、予約再来は時間枠と受付順を組み合わせた順番、予約外および新患はその合間で受付順に診察させていただき、午後2時過ぎに終了いたします。
午後からは、皮膚生検(皮膚を一部切り取って調べる検査)や、パッチテストなどの特殊検査および、小手術を月曜から水曜まで行い(予約となります)、木曜日は手術場で悪性腫瘍などの手術を行います。
金曜日は病棟患者様の総回診を行います。

施設基準

外来治療

比較的重症の乾癬,アトピー性皮膚炎,慢性湿疹,痒疹,蕁麻疹等の長期的専門的的管理が必要な慢性皮膚疾患、ベーチェット病やSLE等の皮膚症状の他に全身症状を生じ得る膠原病、帯状疱疹,薬疹,中毒疹などの急性炎症性疾患、診断が困難な珍しい疾患など個人開業医で治療、診断が困難な方を対象に診療を行っています。

入院治療

帯状疱疹,蜂窩織炎などの急性皮膚感染症、天疱瘡や類天疱瘡などの全身の皮膚科的な処置やステロイド投与が必要な自己免疫性疾患。重症型薬疹,中毒疹,紅皮症などの同じく全身処置やステロイド投与が必要な急性全身性皮膚疾患、アナフィラクトイド紫斑,結節性紅斑などの安静およびステロイド投与が必要な炎症性疾患。マムシ咬傷,熱傷,アナフィラキシーショック後などの24時間体制の全身管理が必要な緊急疾患,有棘細胞癌,基底細胞癌などの術後安静が必要な腫瘍性疾患などを入院治療で行ってまいす。

手術治療

主に有棘細胞癌、基底細胞癌、ボーエン病、日光角化症などの皮膚悪性腫瘍を対象に、植皮術や皮弁術など専門的な技術を用いる手術を行っています。その他、粉瘤,脂肪腫などの良性皮膚~皮下腫瘍の手術をできるだけ傷を目立たないようにする専門的な技術を用いる手術を行っています。
手術件数は平成24年は年間169例、平成25年181例です。

特殊な治療

乾癬に対する生物学的製剤治療を行っています。
現在レミケード、ヒュミラ、ステラーラの3剤が使用可能で、それぞれ18例、20例、16例の使用実績があります。

乾癬患者友の会の紹介

乾癬患者さんにとって、乾癬は自分だけの病気ではなく同じ病気に悩む人が意外にたくさんいるということを知ることは、大変大きな励みになります。
また、乾癬は決して他人に伝染することはないものの、周りの人にそれを理解してもらうには、より多くの人に乾癬という病気を知ってもらう必要があります。
そのため、現在全国各地に乾癬患者友の会が設立されつつあります。その一部を御紹介いたします。大分でもこのような会が設立できればと考え少しずつ活動を行っているところです。

 

大阪乾癬患者友の会>>

東京地区乾癬患者友の会>>

『大分乾癬友の会』

大分に在住の乾癬患者のためのホームページが開設されました。病院で乾癬と言われたがどういう病気かわからずに悩んでいる。
また、病気のことは自分ではわかっているが周囲の人に理解してもらえず困っている。
さらに、大分に同じ病気で悩んでいる人と話をしてみたいという場合に役立つようにと考え設立されたものです。
メーリングリストにも参加できます。是非ご覧ください。

 

大分乾癬友の会>>

診療実績

皮膚科年報2015 (最新)

皮膚科年報2014

担当医紹介

部長 島田 浩光

主任医師
酒井 貴史

日本皮膚科学会専門医
日本アレルギー学会専門医(皮膚)
医学博士
日本研究皮膚科学会会員
European Society for Dermatological Research 会員

嘱託医
齋藤 華奈実