受診案内

診療科のご紹介

小児外科よりお知らせ

週間スケジュール

  看護師 医事課計算
新患 飯田
(午後手術)
岡村 前田 休診 前田 太田
大熊
河野
再来 飯田
(午後手術)
前田 飯田 休診 岡村
手術日 - - -    
備考欄
夜間、休日はオンコール体制で救急患者に対応しております。

基本方針

病苦を抱えた患児・家族を思いやり、医療人としての責任感を自覚し、最善の医療を実践すること
かつては救命が困難であった病気も小児外科医療の進歩により救命できるようになり、患児の健常児と変わらない、より良いQOLを目指して日々診療に励んでいます。

診療分野

小児外科は生まれたばかりの赤ちゃんから15歳(中学校3年生)までの、外科的な病気を治療する科です。
日本では欧米から約20年遅れ1950年前後から始まったまだ歴史の浅い診療科ですが、先達の熱意と血の滲むような努力によりその後急速に進歩し、現在では欧米をしのぐほどのレベルに達しました。
日本小児外科学会はこどもの外科的な病気は小児外科医が治療すべきであると、外科系診療科の中で最も早く認定医(現在、専門医)制度を立ち上げ現在に至っています。
小児外科専門医になるためには外科専門医を取得した上で小児外科の一定数の手術の経験だけでなく、小児外科に関する一定数の学会発表や論文発表などの学問的な実績も必要です。

診療体制

当科は日本小児外科学会から小児外科の専門診療を行うことを認められた認定施設で、常勤医2名、嘱託医1名の計3名で診療しております。

診療内容

新生児期

先天性横隔膜ヘルニア、食道閉鎖症、先天性腸閉鎖症、ヒルシュスプルング病、鎖肛、消化管穿孔、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、腸回転異常症など

乳児期

鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、肥厚性幽門狭窄症、食道裂孔ヘルニア、腸重積症、ヒルシュスプルング病、胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、肺嚢胞、小児がん、リンパ管腫、良性腫瘍、肛門周囲膿瘍・痔瘻、便秘症、腹部外傷、消化管異物など

幼児期

鼠径ヘルニア、陰嚢・精索水腫、停留精巣、包茎、臍ヘルニア、急性虫垂炎、小児がん、漏斗胸、食道裂孔ヘルニア、良性腫瘍、腹部外傷、消化管異物など

学童期

鼠径ヘルニア、陰嚢・精索水腫、急性虫垂炎、漏斗胸、腹部外傷、卵巣腫瘍など

腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術

平成29年3月末までに697件行いました。
この方法はヘルニアが出た側と反対側の穴が開いているかどうかが確認できるため、反対側のヘルニア発症の予防になります。これまで手術した児の反対側の穴が開いている確率は約40%で、開いている場合にはヘルニアの出ていた方と同様に穴を塞ぎます。
これまで再発は3例のみ(再発率0.4%)で、また反対側が開いていないと判断しその後ヘルニアが出た例はありません。

腹腔鏡下虫垂切除術

平成29年3月末までに187件行いました。
2013年6月から臍から腹腔鏡で見ながら虫垂を引き出し、虫垂を切除する単孔式虫垂切除を導入し、110名に行いました。傷が臍の1ヶ所で、しわに隠れほとんどわからなくなります。
一方、虫垂炎が進行し、穿孔を起こした結果膿の溜りができている場合(膿瘍形成虫垂炎)は、抗生物質と場合により膿を抜く管を入れ(ドレナージ)炎症をおさえ、約3ヵ月後に虫垂切除(待機的虫垂切除)を行うことで手術後の合併症がきわめて少なくなりました。
急性期手術では傷の化膿や腸閉塞などの合併症が約半数にみられたのに対し、待機的虫垂切除では44名中1名だけでした。

傷の目立たない赤ちゃんの手術

生まれつきの腸の病気は、以前はお腹を横に切って手術をしていましたが、大きな傷が残るのが欠点でした。
最近、お臍の外周に沿って半円周状に切開して、病変部を引き出して手術することが可能になりました。
傷が目立たないため成長しても手術の傷でコンプレックスを持たなくて済むと思います。
これまで、61名に行い、1カ月未満の赤ちゃんは30名(49%)でした。

お臍の病気

でべそ(臍ヘルニア)が代表的な病気ですが、臍の緒
がとれたあともジクジクして、お臍が乾かない場合お
臍と腸(臍腸管遺残)、お臍と膀胱(尿膜管遺残)が
つながっていることがあり手術が必要です。

小児外科手術の全国登録について

一般社団法人National Clinical Database(NCD)においては、日本全国の外科手術症例の全数把握を目的としたデータベースを作成しており、当科においても登録を行っております。
これは、全国レベルで医療の質を上げることを目的とした事業で、何卒ご理解、ご協力をお願い致します。
もし、登録にご賛同いただけない場合は主治医までご連絡下さい。
詳細は下記をご参照下さい。

診療実績

主要手術症例数 (平成26年~平成28年)

年間症例数の推移(平成4年~平成28年)

担当医紹介

主任部長(外科担当) 飯田 則利

日本小児外科学会指導医・専門医・評議員
日本外科学会専門医
日本静脈経腸栄養学会指導医・専門医・評議員
日本周産期・新生児医学会認定外科医

嘱託医
岡村 かおり

日本小児外科学会会員
日本外科学会会員
日本周産期・新生児医学会会員

後期研修医
前田 翔平

日本小児外科学会会員
日本外科学会会員
日本周産期・新生児医学会会員