HOME > 研修医の声

研修医の声

2年次研修医 田邉基子

私は大分大学を卒業後、大分県立病院で初期研修を受けています。県病はパワフルな病院で、common diseaseから珍しい疾患まで幅広いご病気の患者さんがいらっしゃいます。
私達もそんなパワフルな現場で充実した日々を送っています。

私が県病を研修先として意識し始めたのは、学部6年次のクリニカルクラークシップの一環で県病実習を受けた時でした。
医師だけでなく他の医療職、事務の方々まで横のつながりがしっかりしており、とても風通しの良い雰囲気だったのが印象に残っています。
実際に働き始めてからもその印象は変わっていません。

県病研修医の主な業務は、各ローテート先での病棟業務と時間外の日当直業務です。
病棟では主治医、担当医の上級医と相談しながら、担当患者さんの診療にあたります。
患者さんのもとへ通い、話を聴いたり所見を取ったりして、次の検査・治療の計画を共に考えていきます。
上級医は皆さんお忙しいですが、こちらの意見をしっかり聴いてくださいますし、それを求めてきます。
県病での研修で研修医が「お客さん」で終わることはないと思います。
また、こちらから希望すれば診たい疾患を当ててくださったりもするので、症例で困ることはないでしょう。

もうひとつの時間外日当直も非常に勉強になる業務です。
walk-inの患者さんははじめから研修医だけで診察をし、ある程度アセスメントを立ててから上の内科・外科当直の先生に相談して最終的な方針を決定します。
何も前情報がない状態から患者さんに問診をし、身体所見をとって必要な検査をオーダーしていく中で、自分ができていないこと、勉強しなくてはならないことにどんどん気づくことができます。

更に、救急車で来院される患者さんについては研修医と救急当直の上級医とで対応します。
こちらは最初から上級医がついてくれますが、自分で考えて動かなければ事が進まないのはwalk-inの時と同じです。

日当直業務には研修医が2人1組になって入りますが、年度の前半は1年次研修医同士で組むことが無いような配慮もされており、大変ではありましたが途方に暮れるようなことはありませんでした。

また、市中病院では大学病院に比べ指導体制が弱くなりがちですが、各科の先生方が2週間に1度交代で講師を務めてくださる研修医レクチャーや、自発的に行っている研修医勉強会、更に学会への出席や発表等、知識を吸収する機会も十分に用意されています。

以上のように県病は働きやすく、また勉強もしやすい研修先だと思います。
研修先でお悩みの方は是非1度足を運んでご自分の目で確かめていただけたらと思います。

私は自信を持っておすすめいたします!

 

2年次研修医 宮崎幸太郎

私は他県の大学を卒業後、大分県立病院での初期研修を選択しました。
現在研修生活も1年が過ぎ予想していたよりも満足のいく研修生活を送れております。
みなさんの参考になればと県病での研修がどのようなものか、私なりにお伝えしたいと思います。

県病には約40名程度の初期研修医がおり、大分大学出身者を中心に様々な大学の出身者が研修生活を送っています。
就職前には、新しい環境で馴染めるかという不安もありましたが、実際に働いてみるとすぐに打ち解けることができました。

研修医は1部屋8人程度の部屋を与えられ、その部屋と病棟とを中心に業務を行うことが多いです。
研修医部屋では1人につき、電子カルテ用とインターネット用のパソコンの合計2台のパソコンが支給され、仕事も自主学習も行いやすい環境が提供されています。

また、研修医部屋は全て同じフロアにあるために自然と顔を合わせる機会が多くお互いが打ち解けるのが早いです。
そのために研修医同士の仲が非常に良いことは県病の特徴の一つです。

日頃の業務は、病棟業務と時間外の日当直が主体です。
県病では診療科ごとに幅広い症例を経験でき、症例数も多いために症例集めで苦労することはほとんどありません。

また、研修医と症例の割合も適切で、激務でもなく暇でもなく丁度いい具合に日々の業務を行うことができています。
病棟業務では、主治医と共に担当患者について加療を行ってゆくことが中心です。
指導医の先生はどなたも教育熱心で丁寧に指導して下さいますし、それだけではなく、自主性を育てるように指導をして下さいます。
重症患者を指導医とともに診療することはとても勉強になりますし、加療に関わった方が、元気に退院してゆく姿を見たときはとてもうれしいです。

右も左もわからない研修生活の中で、指導医の数が多いことは、研修生活の質の向上につながりますので環境としては非常に恵まれていると感じております。
また、手技に関しても腹部エコー、上部消化管内視鏡、気管支鏡、中心静脈穿刺、気管挿管など、様々な手技を経験することができます。

日当直では、時間外で受診される患者さんの対応と救急車の対応を行います。
原則的にファーストタッチをするのは研修医です。
日々の病棟業務で培ったことを生かして患者さんの主訴から診察をすすめてゆき自由に治療計画をたてて実行してゆきます。
臨床経験をつめる場が与えられており、かつ、上級医の適切なサポートがあるために、非常に恵まれた環境で当直を行うことができております。

研修病院を選ぶ決め手の一つは実際に働いている研修医の意見をきいてみることだと思います。
実際に病院見学に行き、現場の雰囲気を感じ、知りたいことを質問することは有益です。
実際に見学しないとイメージがわかないことも多々ありますし、私自身病院見学をして研修先を決めました。

興味を持たれている方はぜひ一度病院見学に入らして下さい。心よりお待ちしています。

 

初期臨床研修サイトマップ