HOME >  採用情報 >研修医募集

採用情報

研修医募集

研修医募集

初期臨床研修医の方

 

院長メッセージ ~研修医の皆さんへ~

大分県立病院は、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、循環器センター、地域がん拠点病院、小児救急拠点病院の機能を備え、さらに、災害や1類感染症にも対応する基幹病院です。
毎年、1年次、2年次基幹型と協力型を合わせると40人近い研修医の先生方を指導しています。
最もよく聞かれる声は『大分県立病院はありふれた疾患から高度医療を要するまれな疾患までとにかく幅広く経験できる病院』というものです。
そして『救急の場面でも可能な限り研修医がファーストタッチを経験できる病院』さらに、『各診療科同士の垣根が低く、診療科同士のコンサルテーションがし易い病院』という声もよく聞かれます。
間もなく、新専門医制度での研修がスタートすると言われています。
そこで将来どんな専門医を目指す場合でも最も重要なことは、卒業して直ぐの2年間の研修では総合診療力を十分に養うことに尽きると思います。
そのためにも、幅広い疾患が経験できることは大変な強みになると考えています。

また、県立病院では、いろいろな基本的な手技研修には現場で経験する前のトレーニングに必要なシミュレーターやトレーナーを備えたり、さらには医療情報収集用に研修医一人一人へパソコン端末を配備するなどの環境整備にも努めています。
加えて、プレゼンテーション力養成のための症例発表、経験症例の退院サマリー作成や院内誌への論文投稿などの経験も積んでいける環境を作っています。

研修医の皆さん、是非、大分県立病院で医師としての研修第一歩を踏み出してみませんか。
きっと後悔しない研修ができると思いますよ。

大分県立病院院長 井上 敏郎

院長メッセージ~後期臨床研修へ向けて~

研修医諸君、初期研修終了おめでとうございます。
乾いたスポンジが水分を吸収するように、この2年間で、さまざまな経験をし、たくさんの基礎知識を身につけられたことと思います。

さあ、これからは肝心の専門研修の期間に突入します。

医師として、どのような人生を歩んでいくのかしっかりと見定めてください。
そして、その目標へのステップを、我田引水になりますが、大分県立病院で踏み出すことをお奨めします。
地域がん診療連携拠点病院、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、小児救急医療拠点病院、地域医療支援病院などの施設基準をクリアしていますので、高度専門医療を学ぶことができます。

もちろん、学会発表や論文発表も十分にできます。 学会専門医取得にも役立つことができると思います。

後期研修医諸君の若々しく瑞々しいパワーに期待しています。

一緒にがんばってみませんか。

採用情報サイトマップ